11-AUG-2022         


設計・開発・製造状況




 ソフトウェアの開発
ソフトウェア設計と開発の情報です。  
 ハードウェアの開発
新製品のハードウェア設計・開発・実験の情報です。 
 製造・検査・試験測定
作成中・継続中 







.











TNB-10 Relay BOX



小型のベルトコンベアと、XYZステージ
を組み合わせて、コンベアを流れる物質の
元素分布を同時に24元素リアルタイムに作成します。
TNB-10に Motor & MCAを搭載
廃炉研究用
高速化と内部実数計算の改良予定




nsec sharper


入力パルスの幅を10ns / 20ns 幅で出力する





中性子利用実験

--------------------------------------









小型変換BOXを3Dプリンタで作る。





TNB-10本体CPUボードの作成
   
     



  


MCS装置は、Normal型とTOF型があります。
現在は、用途に合わせて、二種類を納入していますが
二つの機能をまとめて一台のモジュールに搭載する予定です。









なつかしい、各社高性能ウィルキンソン方式のADCモジュールをMCA-Lite/M MCAメモリに接続




加速器施設から、使わなくなったADCを譲り受けました。 MCA-Lite/Mに接続すると、MCAとして利用可能です。
MCA-Lite/Mの価格(\100,000)でサポートします。
ソフトウェアは、ダウンロード可能。







NT-2400 定期検査 2004年頃からへこたれないで頑張っている装置のメンテナンス。
NT-2400 放射光施設 右側の二つの装置は、デバッグ用のモータ装置。





TNB24-DUAL



New PCB 回路の設計中
リストメモリ処理は、高速処理ですから、最短30ns命令のCPUでは遅いので、すべてPLD回路でシーケンスします。
回路全体を10ns(1億分の1秒)で動かします。
でも、PC間の通信が遅い
内部にギガメモリを搭載するとか今後の課題です。



 







3Dプリンタで、モジュールパネルを制作する。
予定が大幅に遅れていますが、やっとファームウェアとWindows側のソフトの開発開始です。



開発中のPCソフトウェア(Windows対応)



作成中のメインコンソール




各パラメータのシングルPHAとWindows側からの制御部分の開発中
各パラメータは、コインシデンスドまたは、シングルPHA、Gateスペクトルなどを表示し、単体で記録します


主要オペレーション部分の作成中 オンラインで、パラメータ別に読み込みして表示できるまで作り込んだら
TNB24-DUALに接続して、本体装置の内部ソフトウェアのDEBUGを開始します。







ハードウェアの構成を設定します。
新しくパラメータ(ListMCA+List memory)を追加した場合変更します。









シンプル・プリセット
搭載したLIST装置から、測定に必要なADC番号で選択します。
同時時間(コインシデンスタイム)は10nsの単位で設定可能です。
測定は、手動による開始・停止、プリセット時間(sec)、Total event数が指定できます。
画面は、シンプル・プリセットで、生成するのはシングルスペクトルです。

陽電子、n-γなどの二次元測定のプリセットは、次回です。



DEBUGジグ
PCソフトと平行して開発します。 必要ならば、コインシデンスを取りながら、定量的なデータを発生させるデータ発生器
も造り、定量的な検査を行います。(写真は16通りのコインシデンス時間をランダムに発生する検査機器)

   4 × 4個の、同時係数時間の異なるピークを
指定した数、発生させる、試験ジグです。


         

         

         

         

二次元分布で、各ピークの体積で検査




PCソフトから、測定器のCPUやPLD回路の総合デバック用のジグの作成



バスモニターケーブル   オシロスコープ、ロジックスコープで信号の確認

 
測定器内部の状態を表示するために、本体表示管に、デバッグDumpを作成する。











商用原子炉点検用、モニタ装置2台の、里帰り健康診断 TNB-100MP型装置









疑似核反応試験












  























   
TNB-3 3スロット製品    


MCS 測定                          Time list 測定

パソコンの横に置ける小型の測定器です。
中身はTNB-10シリーズです。





シングルのタイムリスト測定システム用ソフトウェア










MCS-Lite と 10pA精度のI/VコンバータIFC-4を利用した、実験

乾電池に高抵抗を接続して、超高感度の10pA精度で、読み出してグラフで確認しているスペクトル











MCA-Lite 逐次機能追加中。
25-AUG-2021 MCA-Liteシリーズ SOFT V5.xx 機能追加中





開発着手中... Ver5.16




次期バージョン以降の予定 Ver5.2x



核種ファイル ガンマ線スタンダード、 ガンマ線FP、 X-ray Emition Table, TOF/TAC用時間軸 などのテーブルの表示と、ピーク位置ーのマーカー表示
核種・X-rayエミッションエディタ  同一核種のみ、同一元素Ka,Kb...のみに、自動ROI設定I表示機能(ON/OFF)などを計画中