skeleton    
  ポータブル型は、測定モジュールの基板を7枚、写真のEIAラックマウントケースは15枚搭載できます。
両方のケースとも、ドイツ製、又はスイス製のユーロ規格3Uサイズに統一しています。
制御信号バスは、TNB工房の独自の設計です。

測定モジュールは、リアパネル側から、カードレールに挿入して、押し込みます。
測定モジュールと、バックボーン基板は、DINコネクタでガッチリ接続します。
バックボーンは、計測モジュールのバス信号のいくつかの信号をHEAD-25コネクタで、ケースの表側へ
出力しています。 このコネクタHEAD-25のバスは、ローカルバスとして利用します。



 BUS  
  計測器とTNB-10のメインCPU間は、16ビットのバス構造にしました。
各測定モジュールには一個または数個のCPUを搭載していて
各測定モジュールが独自に動作するため、メインCPU間のバス速度はあまり重要ではありません。
  
 LOCAL BUS    
  計測モジュールから、フロントパネル側に、出力されるローカルバスは
単純な使い方は、リアパネル側にコネクタを出せない時に、ローカルバスから、フロントパネル側へ
コネクタを出すことができます。
複雑な使い方は、複数の計測モジュール間で、亀の子接続して、共通バスとして利用します。
各測定モジュール間で、タイミングを取りながら分散処理したり、
他のモジュールの計測データを通信したり、大変便利な使い方ができます。
 CONROL PANNEL   
  128×64のグラフィクス表示管を搭載しています。 この表示管は、積極的に、現在は使っていません。
理由は、測定には、常にパソコン側で制御しているため、操作はパソコン主体で設計しているからです。
電源を入れると、メインCPUは、最大15個までの搭載されている、計測モジュールに「誰ですか?」
と確認をします。 計測モジュールは、自分のコード名と、バージョン番号を返信しますから
搭載されている、物理番号と、モジュール名をコンソールへ表示します。
将来的に、本体で操作することも考えて、メニューボタンと、緊急ボタン(赤)はついていますが
現在は利用していません。

  

  
     
       
 POWER UNIT    
  ポータブル、ラックマウント共、DC5V 10Aの POWER UNITを搭載しています。
USBインターフェイス部分は、接続したパソコンからの電源で動作しています。 消費電力は、ほとんどゼロです。
ポータブル型ケースの場合は、電源スイッチは、裏側にあります。
ラックマウント型の場合、ラックに取り付けると、電源のON/OFFが面倒ですから、フロントパネルに電源スイッチ
を付けています。(裏のスイッチはONにします)



  
 基本回路設計    
  ハードウェアの回路はPLDを中心に設計しています。
動作クロックは SLOWで20MHz NORMALで 50MHz FASTで100MHzにして設計します。
ロジック回路は、FASTで最速 10nsecで動作する回路構成になります。
計測モジュールのCPUは、基本命令57nsec程度の速度で処理する設計です。
この条件で、いくつかの回路や、ソフトウェアモジュールを、平行処理、パイプライン処理して
ひとつの測定器を作り上げています。


  
 何を作りますか  
  放射線関連のお決まりの測定器を、品揃えしています。
その他に、何処にもない測定器、予算が足りず、専用装置が揃わないといった、システム
を安く開発しています。
誤差論
計測には必ず必要なもので、満足できる誤差範囲であるか、絶対値が分からない場合、何かとの相対比
で満足できるのか?
と言ったことを吟味して、試作して、可能性があるならば設計を開始します。
こういった、試みの測定器を造るには、TNB-10は、基本が整っているので、特注に向いています。
 言語・OS    
  使っている言語は C++Builder と LabVIEW
Windowsのみのサポートです。

       
       
       
TNB-10の概要